本文へスキップ

「研磨作業」とは?

仕上がりを決めるリノベーション工程。

コーティングを塗る前に、傷を消し光沢を回復していきます。


車の美しさを引き出す研磨作業。

それは洗車傷などの光沢低下の原因となるスリ傷や渦巻き傷を、コンパウンドによるポリッシュ(磨き)によって人の肉眼では確認できない細かな傷に置き換え、消していく作業であり、コーティング前の大事な下地処理となります。

しかし塗装には磨ける範囲(厚みの限界)がありますから、過度に行えば薄く弱くなってしまうデリケートな作業でもあります。

しかし、限りある塗装を必要以上に薄くしてしまうことが一般的でした。


従来の研磨は、深い傷を消すためにパワーのある研磨機、粒子の大きいコンパウンドで最深部から磨くことにより、余計な磨き傷(バフ目・オーロラ)まで入れてしまい、次にその磨き傷を消すという工程を繰り返すことが一般的でした。(工程数が多いほうが良いような風潮すらありました。)

さらに傷以外のスケール(水シミ・イオンデポジット)などの付着物も研磨での除去対象とされることが多く、ボディに余計な負担を掛けるばかりか、場合によってはスケールを研磨熱で余計に焼付けてしまうことも・・。

しかし最近の塗装は薄くなってきていますので、従来のようなやり方をしていては貴重な厚みと光沢感を必要以上に落とすことにもなりかねません。
ゆえに工程数が多いほうが良いような風潮も変えていかなければなりません。
それは少ない工程で仕上げることができないと言っているようなもので、ユーザーはまずはそこに疑問を持たなければなりません。

なぜなら現在、資材や機材の革新によって確実に主流は変わってきているからです。



当店は最新の研磨法で塗装への負担を最小限に行います。


当店が下地調整に行う研磨は、余分な磨き傷を入れない特殊研磨技法で行います。

まずケミカルで洗浄できる付着物は先に取り除き、研磨は深度の浅い傷から消していくため、余計な傷を入れることもなく工程数も削減。
塗装本来の塗り肌を変えず、オリジナルの塗装を多く残しながら仕上げることが可能です。

一度削ってしまった塗装は二度と元には戻らないばかりか塗装密度の低下をも招きかねませんので、とても重要な工程となります。
通常、塗り肌まで変えてしまうような過度な磨きはお勧めしておりません。

塗装を磨くという作業はエンドユーザーがDIYで行うにはリスキーであり、また加減も難しいためやや施工費がかかってしまう部分ではありますが、
相応の時間と神経を費やして行いますので、ご理解いただきたい部分でもあります。
(実際手直しの依頼を受けることもあり、結局2度手間になってしまったケースをお見受けしています。)

新車以外は研磨対象となり※、塗装状態を施工前にオーナー様と一緒に当ガレージの特殊照明下にて拝見し、お見積りさせていただいております。
お見積りは無料、お時間10分ほどです。
お気軽にご連絡ください。


傷をきちんと確認できるオールブラックブースで磨きを行います。
周囲が映り込む環境では研磨対象のキズ等ををきちんと把握できず「見えているボディの状態」が変わってしまいます。

左側が研磨後。少ない工程で仕上げるため、過度に塗装を削ることがありません。

クレーター状のスポットダメージ。右側が研磨後。