本文へスキップ

「長くキレイに」を目指すコーティング。

コーティングの役割とは。

重要なのは実際に美観を維持できたかということ。

一言で「コーティング」と言っても、種類、金額は様々です。

どんなに高い商品でも、一度施工したら「完全無敵」などというものは残念ながら無く、特に耐久性が高いと言われているガラスコーティングも、単体施工では耐久云々の前に水ジミに悩まされ美観を損ねてしまいます。

巷には様々な価格帯の商品がありますが、「美観維持としての効果」は値段に比例していないなといろいろなコート剤を見てきて感じています。
とかくコーティングは成分性能ばかりがアピールされがちですが、「様々な謳い文句と実際の美観とは必ずしも合致しなかった」という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。(使用する環境、カラー、お手入れの仕方や季節などにも大きく左右されてしまいます。)

そのようなことから当店は、コート剤銘柄優先でのプロモーションは積極的に行っておりません。
これはお客様が日常様々な環境で車を使用する中で、すべてが同じ経過ではないというある意味当然の結果をメンテナンスをなどを通して現場で見てきているからです。

美観維持の観点からいえば、各カラーや塗装状態ごとによるデメリットを解消するコート剤の選定と、メンテナンスによる付着物除去+犠牲膜であるオーバーコートの入れ替えが得策であると当店は考えています。

「車は実用車であり、外を走っている以上外的要因は避けられない」ということも踏まえ、各コート剤は様々な塗装状態に対応できるラインナップ、また各コート剤成分のデメリットを解消する組み合わせ・レイヤー構成、メンテナンスが容易であること、そしてメンテナンスも見据えた価格設定など、バランスを考慮し採用しております。

確かにコーティングは光沢をUPし汚れを落としやすくしますが、一番の目的は塗装に直接汚れを触れさせない=『犠牲皮膜』として様々な外敵を代わりに受け止めることです。車が外を走れば当然汚れますのでコーティング皮膜もケアする必要があり、これはあらゆるコーティングに共通だと思います。よってメンテナンス性はとても重要です。

例えばスケール(水ジミ・雨ジミ・イオンデポジット)と呼ばれる無機物汚れ。これは水に含まれるミネラル成分が残り、親水・撥水に限らずコーティングの上にウロコ状の輪染みを作り、撥水を妨げ美観も損ねます。
身近なもので言えばお風呂の鏡、電気ポットの中、シンク・・車だって例外ではありません。

このスケールを早めの段階で除去することが美観維持のポイントとなりますが、もし付着した場合シャンプーだけでは落ちないため、メンテナンスでの除去が必要となります(放置すれば見た目の悪さや撥水の阻害だけでなくクレーター状の陥没を誘発することも)

当店は特殊ケミカルでの分解除去を行い、それに対応したコート構成を施工しますので皮膜を傷めませんが、もし純粋なSiO2構成のみのコーティングの場合、スケールと特性が近いことから一緒に除去される可能性がありその方法は使えません。(逆に言えば付着もしやすい)
(その時点で硬い・強い・耐久性が高いは無意味です。これをどう捉えますか?)

また、オーナーにメンテナンスを委ねるタイプの商品(クリーナーが付属)の場合は、微量の研磨剤で削り取るタイプもあり、結果コート層も少なからず削られてしまう可能性がありますので注意が必要です。

コーティングは単に施工することが目的なのか、それとも美観維持のための通過点なのか・・答えは明白です。

当店が重要視するのは経過であり結果です。

まだまだ未熟ではありますが、常に検証やアップデートを行い、その時の最善をお客様にご提供したいと思っております。

 コーティング選びの参考に・・。
●<コラム>コーティングの謎→http://carwashnewentry.blog.fc2.com/blog-entry-149.html

●その他コラム→ http://carwashnewentry.blog.fc2.com/blog-category-23.html



クリックで拡大します。

アフターサポートとしてのメンテナンスメニューがございます。

コーティングを売りぱなしにしたくない。
どんなコーティングも様々な使用環境下で機能が低下することがあります。


コーティングは1度限りの綺麗を作ることが目的ではなく、美観を維持することが目的です。
先にご紹介したように車が外を走る以上、付着物は避けられず『メンテナンスが重要』と当店は考えています。

例えば、前項でもご紹介した「スケール」。

商品によってはメンテナンスキットを付属し、ユーザー様に後の管理を委ねるものもありますが、それだけではシミを取り除くことは難しく、困った経験をした方もいるのではないでしょうか?

当店では「スケール」や「油脂汚れ」など、通常の洗車では除去が難しい付着物をケミカル洗浄する「メンテナンス」を設定しています。(強制ではありません)

コーティングの施工価格は無駄に高くなく実用的に、そして性能をフルに持続させるためのメンテナンスシステム。

車を大切にしたいお客様ために・・を真剣に考えた結果です。「→詳しくはこちらをご覧ください

水シミが付着すると排水性が奪われます。→2枚目が除去後の様子。

すべての経験をお客様のために

当店は個人ユーザー様の利用がほとんどであり積極的にメンテナンスも行っておりますので、1台のお車を数年に渡って拝見しております。

その結果、やりっぱなしにしないことで個々の経過の把握・対処ができるほか、全ての経験はデータとして次々と蓄えていますので、単なる検査データではなく現実的な情報としてお客様にフィードバックすることができます。

また日々の活動については公式ブログにてご紹介しています。











使う水にもこだわります。

軟水を使うことによるスケール対策。


洗車やコーティング作業で使用する水は、軟水器によるイオン交換で水の硬度を下げた「軟水」を使います。
軟水とは水ジミ・イオンデポジット発生の原因となる、カルシウム等のミネラル分が含まれていない水です。

当ガレージは日光が入らず、洗車中の水の乾きも起きにくいようになっていますが、「水」自体もミネラル分ができるだけ少なくなるように配慮しています。
ボディ上に不純物を極力残さないことはコーティングの前処理にも最適で、仕上がり感がアップし美観づくりにも貢献します。

さらに当店使用の軟水器は家庭用としても販売しており、ご家庭で洗車専門店と同様の水質で洗車していただくことも可能です。

  • 「家庭用軟水器」についてはこちらをご覧ください。

↑家庭用軟水器。既存の環境にワンタッチ接続で導入できます。